一般的な医療用かつらができるまでの流れ

これから医療用かつらを作る人は、専門的に作っている業者に依頼をすることが多いでしょう。注文をすることで医療用かつらを作り上げることができますが、実際にどのように作り上げていくのか気になる人もいるでしょう。ここでは、出来上がるまでの流れについてを説明します。

まず初めに医療用かつらを作りたいと思ったら専門業者に問い合わせをします。問い合わせは電話などを活用して行うことができるので手間はかかりません。続いて、実際に作っていくことになりますが、来店が不可能な場合は、病院や自宅にスタッフを呼ぶことができる場合もあるので、自分で店舗まで行けないという方でも安心して作ることができます。
その後、作り上げるにあたってカウンセリングを行います。カウンセリングでは、基本的に個室で行うことが多いので、他の人に見られる機会も少なくなっています。カウンセリングが完了したら実際に試着をして、自分に合う医療用かつらを選びます。試着は自分に合うかつらを見つけるためにも重要なので細かく見ておくといいでしょう。試着が完了したら実際に作成に入り、出来上がったら納品という流れです。

問い合わせから出来上がりまでの流れについて話しましたが、それほど手間がかかることはないので、どなたでも簡単に作り上げることができます。

医療用かつらに使用されている素材

医療用かつらを使用する場合には様々な事情があるでしょうが、その中でも自分に合うかつらを見つけるためには素材についても知っておく必要があります。素材はこれから作成する上で重要なポイントになるので、ここではどんな素材があるのかについて説明します。

まず1つ目は人毛です。人毛は他の素材の中でも人間の毛髪に近い素材です。そのため、かつらを使っているのが他の人に知られたくないと思うのであれば、人毛を選ぶと気づかれる確率も低くなるでしょう。また、人毛なのでヘアアレンジがしやすいのが特徴です。

続いて2つ目は、人工毛と呼ばれている素材です。その名の通り人の髪の毛を使用して作られている人毛とは違い、化学繊維などを使用して作られているかつらになっています。あらかじめスタイリングがされているので、くずれたり手入れに手間がかからないというメリットがあります。また人毛に比べて軽いので、装着をしていて頭が重いと感じることは少なくなります

最後に3つ目はミックス毛と呼ばれている素材です。ミックス毛は人毛と人工毛をミックスして作られているかつらです。特徴としては、洗ってもスタイルがキープできますし、カットアレンジも簡単に行うことができます。人毛でできなかったことや人工毛でできなかったことができるかつらになるので近年では注目を集めています

男性向け医療用かつらの加工について

薄くなった頭髪の写真今後、男性向けの医療用かつらの購入について検討している方もいるかもしれませんが、購入する時に悩むことの一つにどの加工で仕上げるかが挙げられます。
大きく分けると加工方法3つあります。
それは、既製品、セミオーダー、フルオーダーなどです。それぞれ特徴が異なるので、納得の一つを購入するためにも加工方法について紹介します。

まず既製品ですが、これは比較的安価なのが特徴的で種類も多く作られているので、カタログなどで好きなヘアスタイルを選ぶことも可能です。しかし、毛量や長さ、サイズなどはあらかじめ決められているのでピッタリのサイズがない場合には避けておくといいでしょう。
続いてフルオーダーですが、これは毛質や髪の色などを自由に決めることができる加工方法です。既製品に比べると自然な仕上がりになるので、人気が高い加工方法になっています。
最後にセミオーダーですが、この加工方法は既製品よりは少し値段は上がりますが、フルオーダーに比べると安く購入することができます。個人に合わせてカットやサイズの調整を行うことができるのである程度自分に合ったサイズで作り上げることが可能です。

このように、3つの方法の中から自分の好みにあったものを選ぶことで、納得のかつらを選ぶことができるのではないでしょうか。

医療用のかつらを選ぶときのポイントについて

医療用かつらにはさまざまな種類があり、性別問わず幅広い人たちから使用されています。その中でも、男性は普段からファッションなどでかつらをつけるという習慣がない人も多いでしょうから、選ぶときにどのかつらを選んだらいいのか悩むこともあるでしょう。ここでは、医療用かつらについて、どこを重視して選ぶのがいいのかについて説明します。

まず1つ目は、自然さについて注目しましょう。かつらと言っても種類によっては艶が多く不自然だったり、手触りで違和感を抱いたりするものもあります。しかし、中には質感や手触りなども自然に作られているタイプもあるので、特に長く装着するという場合には違和感がなく自然な仕上がりの医療用かつらを選択するといいでしょう。

続いて2つ目は、軽さにも注目しましょう。かつらは手に持った感じではあまり重量は感じませんが、頭に取り付けて一日中つけていると重さを感じるものもあり、首や肩が凝ってしまうことがあります。快適に付けることができなければ意味がないので、快適さを求めている人は軽さにも注目をして選ぶようにするといいでしょう。

選ぶときに注目したいチェックポイントについて説明しましたが、こだわらずに選んでしまうと後悔をする可能性も高くなるので、選ぶときは細かい部分まで見ることが重要です。これから医療用かつらを購入しようと思っているのであれば、頭に入れておくことで今後役に立つこともあるでしょう。また、インターネットなどで注文する際に、事前に試着が出来るシステムを導入しているところもあります。送料も無料で対応してもらえるところが多いので確認して、是非活用してみましょう。